スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を見張るほどの観察眼、なるほどと感心することしきり。「この本にない花を見つけた時、その花の生活を読み取る力をつけてほしい」と著者。『昆虫の集まる花ハンドブック』参考に発見の楽しみを身につけたい。

■昆虫の集まる花ハンドブック■


142種の虫媒花を中心に、花の特徴と受粉方法の、“仕組み”“仕掛け”がとても良く解説されている。さらに、良く分かる写真に感激。目を見張るほどの観察眼で、なるほどと感心することしきりである。自分が見落としていたこと、気付かなかったことの多さに気づかされる。ここがわかると、それぞれの花に次回お目にかかる時が楽しみである。

『日本に5000種を超える花の咲く植物が自生するが、花の生態がわかっている種類は500種に満たない。残りの90%はあなた自身で観察し発見してほしい』
『この本にない花を見つけた時、その花の生活を読み取る力をつけてほしい
『ちょっと観察するだけで新しい発見がある』 と著者の思いが記されている。
このハンドブックを道案内に、自分の“感”察、私なりの観察、そして発見する楽しみを体感したくなるガイドブック。

編集は花の色で分類、この方法は植物に詳しくなくても引きやすく、花の名前がわからなくても探しやすい。特に野外では、この編集方式のガイドブックは、見当がつけやすい利点がある。使いやすく重宝、お勧めです。

★詳細はこちら↓
昆虫の集まる花ハンドブック



田中肇(たなか・はじめ)著
2009.04.16(初版第一刷)
株式会社文一総合出版

★★☆☆☆ 難易度
★★★★☆ 蘊蓄度
★★★★★ お勧め指数
★★★★★ 保存版
★★★★☆ 編集、構成
★★★★★ 総合評価
 
《お勧め対象》 

関連推薦本 「  」

◆《感銘・共感・知見の一文》◆

◎「昆虫が雄しべや雌しべの先に触れるか否かを見極める」P4
昆虫が花に来ていても、必ずしも受粉に寄与しているとは限らない。花により、盗蜜するクマバチ、ストローで蜜を吸うだけのチョウなど受粉には絡んでいないことがある。
・「実は花粉媒介していない昆虫」
◆【ムクゲ】P38
花粉媒介昆虫は【オオスカシバ】雄しべの先に乗るようにして蜜を吸うため、雌しべの先にも触れ受粉を媒介する。★【ミツバチ】【クマバチ】【セセリチョウ】は小さく雌しべの先に触れないため、花粉媒介にならない。
◆【シロツメクサ】P55
蜜を吸うために花びらを下げられるのは【ハナバチ】の仲間、【アブ】【甲虫】にこれはできない。花の方が花粉媒介昆虫を選別。★しかし、口吻の長い【チョウ】には蜜を取られてしまう。

○「ハチとアブの見分け方」P5
【ハチ】は羽が4枚、【アブ】は2枚、とまっていると分かりにくい。この時は触角を確認、【ハチ】はくの字に曲がる棒状、【アブ】はゴマ粒に髭1本をつけた形で区別は容易。

◎「昆虫の視覚」P5
昆虫の複眼は、個眼の集合。個眼1つ1つがデジカメの画素と同じ役割をしている。【ミツバチ】には個眼で約5,000個(=5,000画素)、両目で10,000画素、デジカメの8,000,000~10,000,000画素に比べれば、解像度は比較にならないほど悪い。
しかし、色覚はヒトと違い紫外線で蜜源を見つけたりでき、そういう意味では我々と違う世界を見ている。
    
◎「セイタカアワダチソウ」P25
秋に荒れ地を黄色に染める帰化植物。蜜、花粉を大量に付けるため昆虫の人気は高い。一方、在来植物から花粉媒介の昆虫を奪ってしまうことが気掛かり。

◎「特徴ある受粉作戦、仕組を持つ植物」
◆【クサレダマ】P26
蜜がなく、カロリーの高い“油脂”を報酬としている珍しい花。下半分が筒状になった5本の雄しべの表面に油脂を含む黄色い粒が付く。【ハチ】は花粉と一緒にこねて後肢に蓄える。

◆【ハンゲショウ】P63
先が垂れた細長い穂に100ほど花をつける。
★根元から咲き始め、古くなったところで直立するため、昆虫の止まりやすい最高部は花粉の多い雄しべ成熟期の花となる。

◆【スイレン】P78
開花当日の花の中は透明な液のプール、昆虫がここに落ちると付いてきた花粉が拡散、やがて液は吸収され花粉は底にある雌しべに到達。
2日目には雄しべが成熟し花粉を出す。(なんとうまくできたシステム、是非確かめたくなる)

◆《ポイントひろい読み BEST 10》◆
ひろい読みでは、受粉の仕方に共通性があるものをまとめてみました。“くくり”を変えてみることで、さらに覚えやすく記憶に残ります。

◆①雄しべが動く
【ノアザミ】P8
雄しべに昆虫が触れると、先から白い花粉が出てくる。雄しべが縮んで中の雌しべに花粉が押し出される。

【サワギキョウ】P8
雄しべの先の白い束に触れると、白い花粉が湧き出し、ハチの背中に花粉をつける。

【コウヤボウキ】P46
突き出した雄しべに昆虫が触れると、金色の花粉を押し出す。

【ハナスベルヒユ(ポーチュラカ)】P78 【マツバボタン】
昆虫がとまると、圧力を受けた方に雄しべが動く。(野外観察に最適)

◆②雌しべが動く
【ムラサキサギゴケ】P10
雌しべの先に触れると、開いていた雌しべの先がスウーッと閉じる。花粉を運ぶのは、花にもぐりこむ習性のある【ハナバチ】。【ヒラタアブ】は花粉を舐め、【チョウ】は蜜を吸うだけで受粉に絡まない。

【トレニア】P10
同じゴマノハグサ科の【ムラサキサギゴケ】と同じ仕組み、草丈も高く、柱頭も大きいので実験に最適。

◆③昆虫がとまると、雄しべ(雌しべ)が昆虫に触れる
(この方法はよくある作戦、マメ科が多いが、ケシ科、シソ科もよく似た方法で花粉を託す。)
■マメ科
【カラスノエンドウ】P17
5枚ある花びらの内、下の4枚は一体となり中に雄しべ雌しべを囲む。個の花びらを下げないと蜜を吸えない。花びらを【ハチ】が押し下げると雄しべ雌しべの先が現れハチに触れる。
【ソラマメ】P17
基本は【カラスノエンドウ】と同じ。
【レンゲソウ】P18
マメ科の花は下の花びらを下げると、雄しべ雌しべが出てくる仕組みは、雌しべが花の柄にしっかり付き花びらと一緒に動かないから。
雄しべは動かない雌しべを包み、雌しべに支えられて位置を保つ。
【エニシダ】P28
下の花びら内に雄しべ雌しべがあり【ハチ】が頭を花の中心に突っ込んで花びらを押し下げると出てきた雄しべ雌しべが背に付く仕組み。
大きなハチでないとこの仕組みは働かない。蜜はなく花粉が報酬。
【アカツメクサ】P39【シロツメクサ】P55も同様  

■ケシ科
【ムラサキケマン】P18
花びらを押し下げると雄しべ雌しべの先が現れ、【ハチ】に花粉を託す。飛び去ると元に戻る。
★科が異なる【カラスノエンドウ】と花色、受粉方法が似ているのは、同じ【ハチ】を媒介とするため似た機能に進化。

■シソ科
【ヤマハッカ】P12
下の花びらの中に、雄しべ雌しべが納まる(雄しべ先熟)。【ハチ】【アブ】がとまり下唇を下げると、雄しべ雌しべの先が現れる。
【キバナアキギリ】P26
花糸にシーソーのような柄があり、【マルハナバチ】が花に入り下端を押すと紫色の葯が下りてきてハチに触れる。

■メギ科
【ヒイラギナンテン】P30
蜜は雄しべの根元にあり、昆虫が触れると雄しべが花の中心めがけて曲がり、花粉をつける。雄しべの動きは、直に目で観察できるため、観察会でも人気の実験材料。

■クマツヅラ科
【カリガネソウ】P13
花の柄は、【ハチ】【チョウ】の重みで下を向く、昆虫が落ちないように花びらをつかむと、雄しべ雌しべの先が背に触れる。

◆④蜜はなく、花粉を餌に昆虫を誘う
【クサノオウ】P29
★ケシ科の花は、蜜を分泌すせずに花粉を餌に昆虫を誘う。たんぱく質、脂質など蜜から得られない成分を多く含み、花粉昆虫の大切な食料。

◆⑤雄しべ雌しべの長さに組み合わせがある
【ミソハギ】P15
雄しべ雌しべの長さに“長”“中”“短”の3種あり、別々の株に咲く。長さの違う別株としか受粉ができず、近親交配を避けている。

【オトメザクラ】
雄しべ雌しべの長さに長短の2種がある。サクラソウの仲間はこれで同じ型同士の受粉を避けている。

【ミツガシワ】P49【ソバ】P62も同様

◆⑥昆虫が来ると花粉がこぼれ落ちる
【ムラサキシキブ】P13
花と雄しべは上~横向、【ハチ】がとまると重みで下を向き、小さな口より花粉をこぼす。蜜はなく、昆虫への報酬は花粉だけ。

【タチツボスミレ】P15
花は斜め下向き、5個の雄しべは筒を作りさらにその外側の褐色の円錐に中に花粉をためる。蜜を吸うとき花粉が【ハチ】の頭部に落ち運ばれる。花が斜め下向きなのは、花粉を落ちやすくするため。

◆⑦気温を上げて昆虫を誘う
【フクジュソウ】P30
早春に咲くフクジュソウは、地表付近の温度が高い位置に花を咲かせ、光沢ある凹面型の花に光を集める。この時期、変温動物の昆虫にとって体温を温めることは活動する上でとても重要。★花は太陽を追いかける。

【ヤツデ】P54
花の時期は初冬、【ハエ】類は、日向の葉の上で体温を温め活動する。

◆⑧花粉を雌しべの先に一時預ける
【ホタルブクロ】P9
花粉を雌しべの花柱に預ける。雄しべ先熟、雌しべは後熟。花の筒部は【マルハナバチ】の大きさとピッタリ一致。花の内側の毛を足場に蜜へと向かう。

【キキョウ】P73 【ツリガネニンジン】P73
同じキキョウ科のホタルブクロと同じように、花粉を雌しべの花柱に預ける。雌しべは後熟。

◆⑨飛行がへたくそな甲虫がとまりやすい花
【ハルジオン】P33
飛行コントロールの下手な甲虫が止まりやすいのか、いろいろな甲虫が来ている。雄しべ雌しべが短く、口の短い甲虫に合わせたような花。★【チョウ】は肢、口ともに長いため受粉の役に立っていない。

【ガマズミ】P48
花は甲虫にとって広い着陸場、青臭い香りで誘い、口の短い甲虫が利用しやすく蜜や花粉は露出している。
【ヤマボウシ】【ホオノキ】【タマアジサイ】も同様に甲虫が着陸しやすい。

◆⑩雄しべ雌しべの成熟時期をずらす
【ヤナギラン】P35
雄しべが先に成熟し、雌しべは開花3日目に先が開いて受粉する。穂の下から咲いてするのに合わせるように【マルハナバチ】も下から上に移動し蜜を吸う。
★まず、下の花へ花粉を渡し、上の花の花粉をつけて飛び去る。【ヤナギラン】【マルハナバチ】どちらが読みが深いのか?

【タチアオイ】P37
雄しべ先熟、開花2日目に雌しべの先端が噴水状に伸び受粉。

【ホオノキ】P59
先に雌しべ2日目に雄しべが成熟。★雄しべは熟すと花の中に落ち、それを食べに来た昆虫も落ちてしまう。花弁は粘液で滑るため雌しべを足場に脱出。この時受粉が成立。

【ウマノスズクサ】P69
花の奥に筒があり、雌しべ成熟時には下向きの毛が密生し【ハエ】は後戻りできない。この時ハエに花粉が付いていれば受粉。翌日、雄しべは花粉を出し、筒の毛は縮れて花粉が付いたハエは脱出できる。そしてまた次の花へ。(実によくできた仕掛けに驚くばかり!)

◆《チェックポイント BEST 5》◆
受粉の仕方に共通性があるものの中でも、ここに選んだ仕組みは“特選”、なかなかどうして、よくここまでの兵揃い。

◆報酬なし、一種のだましで昆虫を利用
 【シラン】P21
蜜なし、花粉は食用にならないが、赤紫の花に【ハナバチ】が入り込んで餌を探す。2~3回入り込み餌がないことを学習すると見向きもしなくなる。花は学習前のこの時期に花粉を託す。

 【シュウカイドウ】P36
蜜がないのに雄花雌花があり、雌花には花粉もない。「雌花にも黄色の雄しべがあるように見えるため見誤って雌花に行く」と解説あり。本当のところどうなのか?それこそ“虫の目”で確かめたくなる花。

 【シュンラン】 ★キーワード=【花粉塊】 P71
花の少ない早春、蜜がない花に【ハチ】が訪れ蜜を探すが見つからない。花から出るときに背中に【花粉塊】をつけ、また蜜のない次のシュンランに蜜を探す羽目になる。この時受粉が成立する。

 【クマガイソウ】P72
花びらの下に赤紫いろの袋があり、小さな花から【ハチ】を誘いこむ。しかし中には餌はなく、入り口も閉じられて出られない。上部に光が見え、出口がある。そこから出るとき花粉が付く。(またハチは同じ“過ち”を次の花で繰り返し受粉に貢献?してしまう)

 【ウラシマソウ】P72
苞から紫褐色の糸を出し、キノコ臭で【ハエ】を誘う。糸を伝い苞の中に入ると、エサはなく苞の内部はつるつる、戻ることができずに花粉をつけて下部の穴より脱出。
(これまた次のウラシマソウに“釣られてしまう”羽目になる)



☆☆☆ ブログランキング参加中 ☆☆☆
良かったと感じた方・参考になった方、
是非クリックして投票ください!

ここをクリック↓





にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ

☆★ 目次です! ★☆
こちらから ご覧ください ↓


プロフィール

Dr.kusaichi

Author:Dr.kusaichi
日頃より、身近な科学に興味があり、新書などいろいろ読み漁り、また読み耽っています。
そんな中から、選りすぐりのお薦め書籍をご紹介します。

植物の本、昆虫、小動物、菌類からウィルスまでいろいろ登場予定。
科学の本 身近で分かりやすく、肩の凝らない本が中心。
最近話題の本も登場、その他 私の勝手にいろいろ出てきそうです。
気軽に楽しんでいただけると幸いです。

検索フォーム
最新記事
リンク
Dr.kusaichi お薦めGOODS




★お薦めフィールドグッズ★

◆双眼鏡
バードウォッチングから樹の花など自然観察に最適。星空観察にも向いています。 明るく自然な視界、本格防水、メガネを掛けたままでも使いやすいお勧め品。

◆送料無料◆【新品】 ニコン 8倍双眼鏡 モナークIII 8×42D CF





◆双眼鏡
バードウォッチングから樹の花など自然観察に最適。防水タイプ。 ポケットに入る小型軽量タイプ。

★15時迄の代引注文は即日発送★ビクセン 双眼鏡 ニューアペックス HR 10×28 完全防水 (ケース...





◆ネイチャースコープ
気軽に携帯して、マイクロウォッチング、ニコンのカメラでそのまま撮影も可能。 野外観察が可能の優れもの、子供でも使える軽量、防水タイプ。

【ネイチャースコープ『ファーブル』ミニタイプ】
[メーカー取寄せ]ニコン ファーブルミニ 顕微鏡 ネイチャースコープ [Nikon NATURESCOPE FABREM...





◆フィールドスコープ
フィールドスコープの標準タイプ。軽量、防水タイプ。 グループ観察会などで、便利な1台。

Nikon ニコン III-A /フィールドスコープ 






◆ポケットルーペ
小型、軽量、高解像度。 レンズ有効径が大きく見やすい優れもの。

ニコン ニューポケットタイプルーペ 20D バーガンディ [Nikon 2・3・5x loupe 2・3・5倍 携帯 ...


 
 
 
◆コンパクトカメラ
小型、軽量、高解像度。 植物、小動物などズームマクロで雄しべ雌しべもきれいに撮れる使いやすいカメラ
 
光学10.7倍ズームを搭載、約5コマ/秒の高速連写を実現リコー CX2 シルバー 写真 




  


◆トレッキング用ストック
軽量、撮影時に一脚としてブレ防止にも使えます

 


キザキ カメラ一脚対応トレッキングポール KTE-1005C 【トレッキング用ストック】【smtb-TK】


 


ハイキング用ストック(アルミ製)【在庫切れ】LEKI レキ ULマイクロアンチSLS 1300136 550グリ...


◆【トレッキングシューズ】
軽量、通気性能、履心地


【送料無料】【20%OFF】ゴアテックスCaravan 00104 キャラバン トレッキングシューズ C-4 ブラウン 


★お薦めフィールド図鑑★


◆【声が聞こえる『野鳥図鑑』】
各ページにドットコードがあり、サウンドリーダーで再生。生きいきした鳥の声を聞けます。 地鳴、さえずりも別に再生できる優れもの。



声が聞こえる!野鳥図鑑増補改訂版





◆【声が聞こえる『カエル』】
『野鳥図鑑』に続く『カエル』良くこれだけの収録ができたと驚く内容です。 野鳥と同じサウンドリーダーで再生可能の優れもの。



声が聞こえる!カエルハンドブック





◆【日本帰化植物写真図鑑】
雑草と呼ばれる草本類の“外来種600種”が掲載され野外観察に心強い1冊。



日本帰化植物写真図鑑改訂





★樹木図鑑(携帯用ポケットガイド)

◆【庭木・街の木】ポケットガイド④
身近な庭木275種、413品種を収録。 フィールドで使いやすい。



庭木・街の木





◆【野山の樹木】ポケットガイド⑨
日本に自生する樹木372種400品種を収録。 庭木・街の木の姉妹版。



野山の樹木





★野草図鑑(携帯用ポケットガイド)

◆【街・里の野草】ポケットガイド②
四季の普通にみられる野草295種を紹介。 写真と解説がコンパクトで分かりやすい。



街・里の野草





◆【野山の野草】ポケットガイド⑩
野、山、水辺のよく見かける野草391種を紹介。 街・里の野草の姉妹版。



野山の野草





★昆虫図鑑

◆【野や庭の昆虫】
植物との関係から昆虫を表示している点が特徴。 庭、野山、作物、畑などに分けられ検索しやすい。



野や庭の昆虫





◆【昆虫の集まる花ハンドブック】
昆虫により花粉が運ばれる虫媒花を中心に142種の受粉方法、仕組みを解説。 気軽に観察と推理が楽しめる。



昆虫の集まる花ハンドブック





★こんな図鑑もありますョ!

◆【イモムシハンドブック】
チョウ類91種、ガ類135種、の合わせて226種を掲載。 幼虫、さなぎ、成虫の写真、ここまでの資料に感激。



イモムシハンドブック





◆【冬虫夏草ハンドブック】
漢方薬でよく知られる冬虫夏草。 基本から見分けまで見ているだけでも楽しい図鑑。



冬虫夏草ハンドブック




◆【ベリーハンドブック】
ツツジ科とバラ科の“ベリー”と呼ばれる実を付ける植物の図鑑。 女性に人気のベリー、こんなにたくさんあった!



ベリーハンドブック




★お薦めフィールド図鑑
                          (季節編)★


◆【日本の桜】
サクラ、栽培品種から、モモ、リンゴまでわかりやすく分類。 写真が鮮明で桜の季節に、必携の図鑑。



日本の桜増補改訂版




◆【日本のスミレ】 
山渓ハンディ図鑑⑥
可憐で人気のスミレ。しかし地域種あり、交雑種あり外来種もある。 検索表でまず見当を付けることから見分けるスミレ専門の図鑑。



日本のスミレ増補改訂




◆【日本の野菊】 
山渓ハンディ図鑑⑪
『検索チャート』『見分け方コラム』で野菊を見分ける手法を詳しく解説。 どこで見分けるかのポイントがつかめる。



日本の野菊




★じっくり調べる図鑑★
各部の詳細写真が多く分かりやすい。

◆【樹に咲く花】離弁花①

樹に咲く花(離弁花 1)改訂第3版


◆【樹に咲く花】離弁花②

樹に咲く花(離弁花 2)2版


◆【樹に咲く花】合弁花他③

樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)改訂第3版


◆【野に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑①


野に咲く花


◆【山に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑②


山に咲く花4版


◆【高山に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑⑧


高山に咲く花


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理画面へ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。