スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『血液型の科学』キーワードは【血液型物資】。『血液型性格判断』に科学のメスを入れた本。非科学的と考えていたが認識を改めさせられた一冊。

■血液型の科学■


「血液型で人の性格が決まるはずはない」「単なるシャレ」と否定的だった私は、本書で血液型に対する考え方が一変した。科学者の多くも否定的な『血液型性格論』。【血液型物資】を知ることで、見え方、考え方が一変します。

一般の『血液型と性格』に関する意見が、本書にいくつか挙げられている。
◆新聞社説
「ABO血液型は輸血にしか役立たない。これで人間を見るための判断材料には全くならない」
◆学者や知識人の多くは、
「血液型と性格に関係があるというのは根拠がない。科学的に扱われるのは問題だ」
◆血液学専門の学者の多くは
「血液型診断は医学的、科学的に根拠は全くない」
「血球についている抗原成分の違いが、性格形成に影響するとは考えにくい」
◆遺伝学者
「血液型は両親から単純に遺伝で伝わってくるので、血液型で性格が規定されるわけではない」
など、どれも否定的である。

著者である藤田氏は、以下のことが原因と分析している。
【血液型物質】は赤血球の表面についている単なる物質、と考えているからではないか?
【血液型物質】は、誕生とともに全身に存在する物質、という理解がないためではないか?
【血液型】という名称に惑わされて【血液型物質】の認識ができていないことが原因ではないか?

そこで、「血液型について科学的な解説を試み、本質を探究したもの」として本書が登場することになる。
「今まで、血液型について科学的な解説を試みた本は、なかったと思う。
【血液型物質】を探求することは、ヒトを理解する糸口となる可能性があると考えられる」と著者。

科学的根拠があるとは、考えていなかった私にとって、過去の感染症など人類史を通し、いろいろ歴史を垣間見るとともに、【血液型】がどう係わってきたのか、なぜ地域により【血液型】の偏りがあるのかなど、大変興味深く読めるとともに説得力ある解説が刺激的であった。科学的根拠もないまま、否定的だった自分の方こそ非科学的ではないかと、気づかされた一冊。


★詳細はこちら↓
血液型の科学



藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)著
2010.02.10. 初版第一刷
祥伝社新書 189

★★★☆☆ 難易度
★★★★☆ 蘊蓄度
★★★★★ お勧め指数
★★★☆☆ 保存版
★★★★☆ 編集、構成
★★★★★ 総合評価
 

◆《感銘・共感・知見の一文》◆

◎【ABO式血液型物質】 ★キーワード=【糖鎖(とうさ)】 P3
【血液型】という名称であるが、単に血球に付着した物質ではない。たんぱく質ではなく、【糖鎖】であり、細胞、内分泌液など体内のあらゆる場所に存在している。
特に、胃で100%、腸で50%以上に認められる物質。
★ 【血液型物質】は、他の動物や細菌までもがもっている。地球上のすべての生命体が共有する遺伝物質。

◎「血液型の違いと免疫力」P4
血液型の違いは、免疫力の違いに直結している。そのため、生まれながらにして、血液型による罹りやすい病気と罹りにくい病気がある。さらに、血液型によって、好みの食べ物、体に合う食べ物が違ってくる。
血液型によって、過去から受け継いできた遺伝的な体質に違いがあることから生じる。
★ このように考えると、血液型によりある程度性格が規制されるのは、むしろ当然ではないだろうか。

◎「ABO血液型物質と微生物」 ★キーワード=【遺伝子移入】 P17 
東北大の斎藤忠雄教授は、多くの微生物が【ABO血液型物質】に特異的に吸着していることを明らかにした。著者は、腸内細菌がもつA型物質やB型物質が体内にもぐりこむことで、【遺伝子移入】が起ったのではないかと考える。
胃や腸に【血液型物質】が多く分布していることから考えても理解できる。さらに腸は、【免疫機能】を司る役割をしている。
進化の過程からも、最初にできた臓器。腸の周りに【脳】が生まれて以来“腸・脳相関”として結びつき、【脳】の情報は腸管粘膜の中の神経細胞に伝達される。★【腸】は【第二の脳】といわれる由縁。
★ 腸に【血液型物質】が多く【脳】と密接なつながりがあるということは、血液型が体質や性格にも影響していると考える方が妥当ではないか。

◎「ABO式血液型を決定する遺伝子」 ★キーワード=【遺伝子連鎖】P51
第9番染色体の長腕バンド34に存在 ⇒【9q34】。この遺伝子と近い位置にある他の遺伝子は、互いに影響を受けやすいことが分かっている。
例)乳がんになりやすくなる遺伝子が、【9q34】の付近にある。⇒血液型と乳がんとは関連があるかもしれないことになる。
例)【ドーパミン】を【ノルアドレナリン】に変える酵素の遺伝子も【9q34】の付近にある。⇒血液型がストレス、精神状態、性格に関係している可能性あり。
★ 血液型が一見無関係と思える遺伝子に影響している可能性が【遺伝子連鎖】の研究から明らかになりつつある。

◆《ポイントひろい読み BEST 5》◆

○「日本人の血液型分布」P28 P54
日本人:A型38%、O型31%、B型22%、AB型 9%。
★ほぼ4:3:2:1の割合。この分布が性格診断に取り入れやすい。
韓国人:A型:33%、O型:27%、B型:27%、AB型:13%
アメリカ白人:O型45%、A型:41%、B型10%、AB型:4%
【O型】が多い中南米:メキシコ人(84%)、グアテマラ(95%)、ボリビア(93%)、ニカラグア(92%)
★この割合では血液型占いをしても、面白くない?
☆ヨーロッパでは、A型、AB型に2種あるため、合計6種類の血液型があることになる。☆世界にはO型にも特殊な血液型はある。

◎「血液型の起源は細菌」P66
【糖】の合成を可能にしたのは【原始生物】、【血液型物質】を最初に合成できたのは【細菌】。
腸の中に100種100兆個に及ぶ細菌が棲み、それぞれ、A型、B型、O型などの【血液物質】をもつ。
★地球上のあらゆる細菌が【ABO血液型物質】をもつようになった。
細菌から藻類、シダ植物へさらに、高等植物にも【ABO血液型物質】は引き継がれた。
★植物に含まれる【血液型物質】は、【O型】【AB型】がほとんど、紅葉するのは【O型】、黄葉するのは【AB型】になる。
動物では、【AB型血液型物質】をもつのは霊長類だけ(※ローランドゴリラ、ニホンザルは、【O型】と【B型】の2種類)。

○「血液型から見た、かかりやすい感染症、かかりにくい感染症」P115
かかりやすい感染症:【A型】がん、生活習慣病【B型】結核、肺炎球菌、サルモネラ菌
【O型】コレラ、ペスト、病原性大腸菌、胃潰瘍【AB型】梅毒、サルモネラ菌
かかりにくい感染症:【A型】ペスト【B型】☆免疫力が強い【O型】梅毒、結核、がん、☆免疫力が強い
【AB型】コレラ
★一般に【A型】【AB型】は伝染病、感染症に弱い。
★免疫力は【O型】が最も強く、次いで【B型】、最も弱いのは【AB型】
「マラリアを媒介する【ハマダラカ】は【O型】を好む」P143
ヒトの汗などに含まれる【血液型物質】を吸血前に判別、【O型関連物質】が、蚊の嗅覚を刺激し誘引しているらしい。
★【O型】の人がマラリアにかかりやすいと予測されるが、そう簡単ではない。【O型】の人はマラリア原虫に抵抗性を示す事実があるため。

◎「民族の血液型構成」 ★キーワード=【HLA】 P154
民族の血液型構成を変えたのは、【梅毒】【マラリア】【コレラ】【天然痘】【ペスト】などの伝染病。
★血液型には【ABO 式】以外にも多数あり、白血球の血液型【HLA】も知られている。
『これら血液型の大部分が、過去に襲った数多くの微生物に対する防御システムとして進化してきたものと考えている』 『生命が生まれて以来38億年、私たちが生き延びてこられたのは、多様な【HLA】分子をもつことができたお蔭と思っている』と著者。

◎「免疫力の70%は腸内細菌によるもの」P162
腸内細菌の餌となる穀類、野菜類、豆類、果物類を積極的に摂ることが必要。
防腐剤、食品添加物は腸内細菌の増殖を抑えるので、ファーストフード、インスタント食品、レトルト食品などのジャンクフードをなるべく摂らないようにすることが大切。

◆《チェックポイント BEST 3》◆
ここは少し上級者編、ひろい読み編が気に入ったら次はこちらで、チョット深読みしてはいかがでしょうか。

○「ABO血液型発見の歴史」P37
1901年、オーストリアの【ランドシュタイナー】が、血液の凝集反応から発見。
最初に血液中から発見されたため【血液型】と命名されたが、その後、内臓、リンパなど全身に分布することがわかる。血液が凝縮した順に、【A型】【B型】凝縮が起らなかったものを【O(ゼロ)型】とした。いつしか“ゼロ”は“オー”に転じた。
「ABO血液型 ⇒ 赤血球表面の糖の分子【糖鎖】の違いで分類」P38
【O型】 には、H型という【糖鎖】がついたもの
【A型】 H型に、【N-アセチルガラクトサミン】という糖がついた【糖鎖】をもつもの
【B型】 H型に、【ガラクトース】という糖がついた【糖鎖】をもつもの
【AB型】 両方の【糖鎖】がついたもの
同時に、自分の持つ【抗原】には【抗体】をもたず、自分以外の【抗原】に【抗体】をもつ。
したがって、【A型】の人は血清中に【抗A抗体】はもたないが、【抗B抗体】をもつことになる。
【AB型】では、【抗A抗体】【抗B抗体】共にもたず、【O型】では、両方もつことになる。
★以前【O型】の血液はすべての人に輸血できるといわれたが、血清中には【抗A抗体】【抗B抗体】があるため、赤血球の凝集が起ることになる。(現在は、同じ型でしか輸血は行われない)

◎【トランスフェクション】 ★キーワード=【遺伝子移入】【トランスフェクション】【免疫寛容】 P78
大腸菌は種により、A型、B型、O型物質をもつものに分けられる。
人類が進化する以前より腸内に棲み、遺伝子が体内へ潜入し【遺伝子移入】が起ったと考えられる【トランスフェクション】
★【ABO血液型物質】をつくったのは、腸内細菌。そして【免疫寛容】により、自分の【抗原】に対し【抗体】をつくらないようになった。
【ホモ・サピエンス】は10万年ほど前にアフリカで誕生したが、【O型】だったと考えられる。(各地の原住民のほとんどが【O型】)
【A型】は、穀類、糖類、野菜類などを好む細菌に【A型物質】をもつものがいて【トランスフェクション】を起こした結果、モンゴロイドで誕生。(B.C.2.5~1.5万年ころ)
【B型】は、家畜、乳製品を分解する細菌の一部が【トランスフェクション】を起こした結果、インド、ウラル地方で誕生。(B.C.1万年ころ)
【AB型】 ごく最近誕生。1,000年ほど前には【AB型】がいなかったことが、遺骨から読み取れる。

◎「人種、地域による血液型の偏り3つの要因」P87 P146
1.民族性
【B型】 遊牧民族に多い。インド、パキスタン、イラン、ガザフスタンなど。
【A型】 農耕民族に多い。日本、韓国など。
2.他民族との交流
【O型】が圧倒的な中南米で、多民族と交流のあったブラジル、アルゼンチンでは、【O型】40%で【A型】と変わらない。
【AB型】農耕民族と遊牧民族の交流が多かった、韓国、パキスタン、ネパール、ハンガリー、ポーランドなど。
3.その地域に流行した感染症
【O型】が罹りやすい感染症:【コレラ】
ベンガル地方を中心に、紀元前400年ころから流行を繰り返した地方病が、19^20世紀初頭にかけ世界的に流行。
【古典的コレラ】【エルトール型コレラ】ともに【O型】が弱く、【AB型】は非常に強い。
★流行が絶え間なく続いたガンジス川下流では、【O型】の割合が世界中で最も少ない。(【O型】の人が犠牲となる)
【O型】が罹りにくい感染症:【梅毒】
アメリカ大陸の地方病を、コロンブスがヨーロッパへ持ち込み、全世界に拡大。当初の感染力は凄まじく、中でも【AB型】は感染しやすく壊滅的被害を受ける。【O型】は抵抗力があり、【O型】以外の人が淘汰される結果となる。
★アメリカ先住民の90%が【O型】、南北アメリカに住む人のうち、【AB型】の割合は常に2~3%という事実が、これを裏付。
★ヨーロッパに【梅毒】が持ち込まれた結果、ここでも【O型】優位の人口構成となる。



☆☆☆ ブログランキング参加中 ☆☆☆
良かったと感じた方・参考になった方、
是非クリックして投票ください!

ここをクリック↓





にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

【人類】だけが【ヒト科】なのは、人類は特別だから?【シラミ】から人類の分化が読み取れるとは!気楽に『人類進化の700万年』の旅に出発。

■人類進化の700万年■

遺伝子情報が1%しか違わない【人類】と【チンパンジー】を同種として【ホモ属】に含める研究者もいる。【ヒト科】に【人類】だけを入れたのは、“人類は特別”という思想が背景にあったからかも知れない。
現生人は、複数の枝分かれの中で、生き残った1つの枝にすぎない。“人類は特別”ではないとは、なかなか認識できないこと、抵抗あることなのだろうか?

最近のニュースに、【ネアンデルタール人】のゲノム解析から【現生人類】と僅かに混血していた新聞記事がある。以前話題の、『シャニダール洞窟の花粉』では、遺骨周辺の大量の花粉から、“死者へ花を手向けた”と解釈され、人間的な優しさを感じたが、その後、“花粉はネズミが巣作りのため集めてものではないか”とする解釈にとって代わる。

インドネシアで【ホモ・フローレンシス】、エチオピアで全身骨格としては最古(440万年前)の【アルディー】が発見されたなど、時折ニュースになる。また、本書に「追記」として、【チンパンジー】の化石が初めて発見されたことが記されている。
「ヒトの起源」の大枠がわかっていると、これら断片的なニュースが何を意味しているかが良く見えてきて、より興味あるニュースとして楽しめる。

人類進化の大筋をつかむにはもってこいの新書
「【人類の系統樹】の数は研究者の数ほどある」といわれ ソレゾレの研究者に、ソレゾレの説がある。こうした分野を俯瞰する時、サイエンスライターの手による解説が読みやすい。ある意味公平な“ルポ”であるところがいい。

「ソファーで寝転んで、私たちがたどってきた700万年の歴史を紐解く旅に出ましょう。」
「何がわかっていて、何がわからないないのか。現代科学がとらえている人類進化の全体像をお伝えしたいと心がけた。」と著者。
寝転んでが気楽でいい! 発掘や発見の苦労も、分析や同定など難しそうなことも、また著者がかなりの資料と取材を積み上げまとめたことなど知らぬが仏、ポテトチップスでもつまみながら楽しめる新書です。

追記。
イラストの初期人類やルーシーなどの表情は、まるで“思索”“思想”しているようで、この新書ここだけ違和感を覚えてしまう。(PCアドレスでも持っていそう?)

本書は、以前に出版された新書ですが、時折読み返したりする記事が多いので今回“お薦めの書籍”にしています。

★詳細はこちら↓
人類進化の700万年


三井誠(みつい・まこと)著
2005.09.20.第一刷
講談社現代新書 1805

★★★☆☆ 難易度
★★★★☆ 蘊蓄度
★★★★★ お勧め指数
★★★☆☆ 保存版
★★★★☆ 編集、構成
★★★★★ 総合評価
 

◆《感銘・共感・知見の一文》◆

◎「ヒトの遺伝子の変異」P216 (★それぞれの時期が時系列で表示してあり分かりやすい)
 【尿酸酸化酵素】
約1500万年前【UOX(尿酸酸化酵素)遺伝子】を失ったことで、尿酸の血中濃度が上がり、過剰になると【痛風】になる。反面、尿酸には【活性酸素】に対し抗酸化作用がある。
★大型類人猿(ヒト、チンパンジー、ゴリラ、オランウータン)は、老化の原因【活性酸素】を抑え、長生きできるようになったらしい。
 【ビタミンC】をつくる酵素の遺伝子を失ったことで、体内で生産ができなくなる。原猿類(キツネザル、ロリス)を除く霊長類は体内生産できない。(ゾウ、モルモットも体内で生産できない)
 【色覚】の復活  ★キーワード=【不等交叉】
魚類、両生類、爬虫類、鳥類は、網膜に4種類の色【赤】【緑】【青】【紫外線】を見分けるセンサーを持つが、恐竜時代、夜行性生活をした哺乳類は、【緑】と【青】のセンサーをつくる遺伝子を失う。【色覚】の退化として今に残る。
現在我々が【青】を感じられるのは、【紫外線】のセンサーをつくる遺伝子が変異、その後、【赤】の遺伝子にも変異が生じ、【緑】を感じる遺伝子ができたらしい。この結果、【赤】を持つ個体と【緑】を持つ個体が生じ、【不等交叉】が起り、同じ染色体上に【赤】と【緑】が載ったことで【色覚】を回復できたようだ。
★新世界ザル(クモザル、リスザル)、イヌ、ネコはこの【色覚】は回復していない。

◎「【シラミ】から読み解く人類史」 ★キーワード=【ミトコンドリア】 P243
【人類】と【チンパンジー】の先祖が枝分かれする際、共通だった【シラミ】も寄生先と歩調を合わせ分化。寄生先に密着し、離れると数日しか生きられない。そして寄生先がほぼ決まっている特徴に着目し人類史を読み解く。
それぞれの【ミトコンドリア】の遺伝情報を解析し、約560万年前に分化した可能性を割り出した。

◎「哺乳綱霊長目ヒト科」P254
遺伝情報から、【チンパンジー】は【ゴリラ】より人類に近いのに、伝統的分類では【大型類人猿】のグループに入る。最近、【ヒト科】に【ゴリラ】【チンパンジー】を入れる研究者も増えている。この場合【人類】とは【ヒト属】のことを指す。遺伝子情報が1%しか違わない【人類】と【チンパンジー】を同種として【ホモ属】に含める研究者もいる。
★分類とはもともとない境界を、人間が勝手につくりだしたものである。(T.ホワイト教授)
★【ヒト科】に【人類】だけを入れたのは、“人類は特別”という思想が背景にあったからかも知れない。


◆《ポイントひろい読み BEST 3》◆

○「最古の人類化石【サヘラントロプス・チャデンシス】愛称:【トゥマイ】」P18
700^600万年前のもので、2002年、チャドで発見された。
ほぼ完全な頭部の骨から、脳の大きさは 360^370㏄ 【チンパンジー】と変わりない。
☆【犬歯の縮小】などの特徴が認められ、わずかだが“人類の側”に踏み出した。
☆【直立2足歩行】腰、足の骨が見つからないため、頭の骨から見極めている。
(首の骨が頭骨に入り込む【大後頭孔】の位置は、その動物の姿勢と関連が指摘されていることによる)

○「1974年エチオピアで発見された【アウストラロピテクス・アファレンシス】愛称:【ルーシー】」P25
320万年前にエチオピアで生きていた女性。(全身の4割の骨が見つかる。第3大臼歯(親知らず)の状態から20歳前後と推定)脳は400㏄弱、身長1m、足に比べ手が長いのが特徴。
★【大腿骨に対する上腕骨の長さ比】チンパンジー:100%、ヒト(現代人):70%、ルーシー:85%と両者の中間値。
タンザニア:ラエトリの足跡(350万年前の痕跡化石)に、【土踏まず】があることから、2足歩行が裏付けられる。

○「肉食が脳を大きくした?」P72
脳を支えたエネルギーは、高カロリーな食料と考えられる。
★100グラム当たりのカロリー比較。肉:200kcal、果実:50^100kcal、葉:10^20kcal。いかに肉が高カロリーかわかる。
石器を手に入れ効率的な肉食をはじめたことが、【出アフリカ】をもたらしたという説は有力視されている。【出アフリカ】の時期が180万年前という根拠は、西アジアのグルジアにある化石の年代による。

◆《チェックポイント BEST 3》◆
ここは少し上級者編、ひろい読み編が気に入ったら次はこちらで、チョット深読みしてはいかがでしょうか。

○「【イーストサイドストーリ】理論の問題点」P31 P34
800万年前の【大地溝帯】活動で、紅海沿岸からタンザニアにかけ山が発達。西からの湿度を含む気流が遮られ、アフリカ東部は森林が減少しサバンナが発達。樹上生活から地上での2足歩行の生活へ移行し進化。西側に残った類人猿はチンパンジーへと進化した。ネーミングのよさもあり、広く知られてきたが、決定的な問題点があることがわかってきた。
問題点①今現在発見されている最古の人類化石【サヘラントロプス】は【大地溝帯】西のチャドで発見。
問題点②大地溝帯の活動による隆起は、動物相を分けるほどではなく。乾燥化が進むのは300^250万年前以降と考えられている。
★『人類は草原で進化し、2足歩行が誕生した』という、以前の常識が通用しなくなる。
 【アルディピテクス・ラミダス】 440万年前の猿人化石。周辺から産出した動物化石から、草原ではなく森に近い環境が推測される。
 【オロリン・ツゲネンシス】 600^580万年前【アルディピテクス・カダバ】580^520万年前の人類化石からも、森林の動物化石と一緒に見つかる。
◆ 【サヘラントロプス・チャデンシス】 700^600万年前の場合は、湖、草原、林などが混在した環境が推測される。

◎「脳の進化」 ★キーワード=【EQ 】 P64
約700万年前から約400万年の間は、脳の大きさは 500㏄を大きく超えることはなく、現代人の1/3程度で推移。
約240万年前、【ホモ属】の誕生から脳が大きくなり、180万年前に 800㏄ を超え【ホモ・エレクトス】が誕生。
★【EQ 】体に対する脳の大きさの指数のグラフがある。(★このグラフ必見です)
【ホモ属】の年代に対する【EQ】の発達が、【アファレンシス】など猿人に比べ増加係数を異にするほど急激に発達したことがわかる。

◎「喉の構造【喉頭】の位置」P141
現生人とチンパンジーの喉の構造に違いがある。現代人は喉頭の位置が下にあり、喉頭の上に空間ができる。声帯から発せられた空気がここで共鳴し、【声】とすることができる。
チンパンジーは、喉頭が高い位置にある。息は鼻へ通じ、食べ物は喉頭の両脇を通過するため、ものを食べながら息ができる。現生人は、食べ物が気管へ入る恐れがある【誤嚥】。
★現生人も、2歳くらいまでは喉頭の位置が高く、ミルクを飲みながら息ができる。



☆☆☆ ブログランキング参加中 ☆☆☆
良かったと感じた方・参考になった方、
是非クリックして投票ください!

ここをクリック↓



にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ
にほんブログ村

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ

☆★ 目次です! ★☆
こちらから ご覧ください ↓


プロフィール

Dr.kusaichi

Author:Dr.kusaichi
日頃より、身近な科学に興味があり、新書などいろいろ読み漁り、また読み耽っています。
そんな中から、選りすぐりのお薦め書籍をご紹介します。

植物の本、昆虫、小動物、菌類からウィルスまでいろいろ登場予定。
科学の本 身近で分かりやすく、肩の凝らない本が中心。
最近話題の本も登場、その他 私の勝手にいろいろ出てきそうです。
気軽に楽しんでいただけると幸いです。

検索フォーム
最新記事
リンク
Dr.kusaichi お薦めGOODS




★お薦めフィールドグッズ★

◆双眼鏡
バードウォッチングから樹の花など自然観察に最適。星空観察にも向いています。 明るく自然な視界、本格防水、メガネを掛けたままでも使いやすいお勧め品。

◆送料無料◆【新品】 ニコン 8倍双眼鏡 モナークIII 8×42D CF





◆双眼鏡
バードウォッチングから樹の花など自然観察に最適。防水タイプ。 ポケットに入る小型軽量タイプ。

★15時迄の代引注文は即日発送★ビクセン 双眼鏡 ニューアペックス HR 10×28 完全防水 (ケース...





◆ネイチャースコープ
気軽に携帯して、マイクロウォッチング、ニコンのカメラでそのまま撮影も可能。 野外観察が可能の優れもの、子供でも使える軽量、防水タイプ。

【ネイチャースコープ『ファーブル』ミニタイプ】
[メーカー取寄せ]ニコン ファーブルミニ 顕微鏡 ネイチャースコープ [Nikon NATURESCOPE FABREM...





◆フィールドスコープ
フィールドスコープの標準タイプ。軽量、防水タイプ。 グループ観察会などで、便利な1台。

Nikon ニコン III-A /フィールドスコープ 






◆ポケットルーペ
小型、軽量、高解像度。 レンズ有効径が大きく見やすい優れもの。

ニコン ニューポケットタイプルーペ 20D バーガンディ [Nikon 2・3・5x loupe 2・3・5倍 携帯 ...


 
 
 
◆コンパクトカメラ
小型、軽量、高解像度。 植物、小動物などズームマクロで雄しべ雌しべもきれいに撮れる使いやすいカメラ
 
光学10.7倍ズームを搭載、約5コマ/秒の高速連写を実現リコー CX2 シルバー 写真 




  


◆トレッキング用ストック
軽量、撮影時に一脚としてブレ防止にも使えます

 


キザキ カメラ一脚対応トレッキングポール KTE-1005C 【トレッキング用ストック】【smtb-TK】


 


ハイキング用ストック(アルミ製)【在庫切れ】LEKI レキ ULマイクロアンチSLS 1300136 550グリ...


◆【トレッキングシューズ】
軽量、通気性能、履心地


【送料無料】【20%OFF】ゴアテックスCaravan 00104 キャラバン トレッキングシューズ C-4 ブラウン 


★お薦めフィールド図鑑★


◆【声が聞こえる『野鳥図鑑』】
各ページにドットコードがあり、サウンドリーダーで再生。生きいきした鳥の声を聞けます。 地鳴、さえずりも別に再生できる優れもの。



声が聞こえる!野鳥図鑑増補改訂版





◆【声が聞こえる『カエル』】
『野鳥図鑑』に続く『カエル』良くこれだけの収録ができたと驚く内容です。 野鳥と同じサウンドリーダーで再生可能の優れもの。



声が聞こえる!カエルハンドブック





◆【日本帰化植物写真図鑑】
雑草と呼ばれる草本類の“外来種600種”が掲載され野外観察に心強い1冊。



日本帰化植物写真図鑑改訂





★樹木図鑑(携帯用ポケットガイド)

◆【庭木・街の木】ポケットガイド④
身近な庭木275種、413品種を収録。 フィールドで使いやすい。



庭木・街の木





◆【野山の樹木】ポケットガイド⑨
日本に自生する樹木372種400品種を収録。 庭木・街の木の姉妹版。



野山の樹木





★野草図鑑(携帯用ポケットガイド)

◆【街・里の野草】ポケットガイド②
四季の普通にみられる野草295種を紹介。 写真と解説がコンパクトで分かりやすい。



街・里の野草





◆【野山の野草】ポケットガイド⑩
野、山、水辺のよく見かける野草391種を紹介。 街・里の野草の姉妹版。



野山の野草





★昆虫図鑑

◆【野や庭の昆虫】
植物との関係から昆虫を表示している点が特徴。 庭、野山、作物、畑などに分けられ検索しやすい。



野や庭の昆虫





◆【昆虫の集まる花ハンドブック】
昆虫により花粉が運ばれる虫媒花を中心に142種の受粉方法、仕組みを解説。 気軽に観察と推理が楽しめる。



昆虫の集まる花ハンドブック





★こんな図鑑もありますョ!

◆【イモムシハンドブック】
チョウ類91種、ガ類135種、の合わせて226種を掲載。 幼虫、さなぎ、成虫の写真、ここまでの資料に感激。



イモムシハンドブック





◆【冬虫夏草ハンドブック】
漢方薬でよく知られる冬虫夏草。 基本から見分けまで見ているだけでも楽しい図鑑。



冬虫夏草ハンドブック




◆【ベリーハンドブック】
ツツジ科とバラ科の“ベリー”と呼ばれる実を付ける植物の図鑑。 女性に人気のベリー、こんなにたくさんあった!



ベリーハンドブック




★お薦めフィールド図鑑
                          (季節編)★


◆【日本の桜】
サクラ、栽培品種から、モモ、リンゴまでわかりやすく分類。 写真が鮮明で桜の季節に、必携の図鑑。



日本の桜増補改訂版




◆【日本のスミレ】 
山渓ハンディ図鑑⑥
可憐で人気のスミレ。しかし地域種あり、交雑種あり外来種もある。 検索表でまず見当を付けることから見分けるスミレ専門の図鑑。



日本のスミレ増補改訂




◆【日本の野菊】 
山渓ハンディ図鑑⑪
『検索チャート』『見分け方コラム』で野菊を見分ける手法を詳しく解説。 どこで見分けるかのポイントがつかめる。



日本の野菊




★じっくり調べる図鑑★
各部の詳細写真が多く分かりやすい。

◆【樹に咲く花】離弁花①

樹に咲く花(離弁花 1)改訂第3版


◆【樹に咲く花】離弁花②

樹に咲く花(離弁花 2)2版


◆【樹に咲く花】合弁花他③

樹に咲く花(合弁花・単子葉・裸子植物)改訂第3版


◆【野に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑①


野に咲く花


◆【山に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑②


山に咲く花4版


◆【高山に咲く花】 
山渓ハンディ図鑑⑧


高山に咲く花


最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
管理画面へ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。